安倍晋三の名言70選「この国を、守りぬく」

安倍晋三の名言を70個厳選してまとめてお届けします。安倍晋三は、日本歴代最長の首相として日本を引っ張ってきました。アベノミクスによって経済発展を行うとともに、トランプ大統領やプーチン大統領だけでなく、世界各国のトップと関係性が良く、慕われていました。体調が悪い中、日本のために必死に尽力してきた活動は国民は忘れません。応援演説中のテロによって亡くなってしまった元首相である安倍晋三の名言を心に刻みましょう。

安倍晋三のプロフィール

プロフィール詳細
名前 安倍晋三(あべしんぞう)
生年月日 1954年9月21日
出身地 東京都新宿区
職業 政治家、元内閣総理大臣(首相)
血液型 B型
身長 175cm

引用元:安倍晋三プロフィールwikipedia



安倍晋三の名言70選

安倍晋三の名言(1):例えば最悪の事態になった時、私が責任を取ればいいというものではありません

安倍晋三の名言(2):様々な意見の違いや課題があるからこそ、首脳同士が会って胸襟を開いて対話すべきだと思います。対話のドアは常にオープンにしています。

安倍晋三の名言(3):友達と会えない。飲み会もできない

安倍晋三の名言(4):友達がいなくて独りぼっちの子がいたらぜひ声を掛けてあげてください。私が子供のときにそういうことができなかったことを今でも後悔しています。

安倍晋三の名言(5):米国の場合は1回失敗した人の方がむしろ投資家からお金がつきやすいと言われます。その意味では、日本は大切な資源をムダにしているのではないでしょうか。ウォルト・ディズニーは挑戦と失敗を繰り返しました。日本人だったら、ミッキーマウスは誕生していなかったでしょう。

安倍晋三の名言(6):福島委員は妄想をたくましくしておられて、独自の議論をされているようですが

安倍晋三の名言(7):父の遺志を継ぎ、父が成し得なかったことを何としてもやり遂げたい。

安倍晋三の名言(8):日本人の命、すべからく、国の最高責任者である私にあります。

安倍晋三の名言(9):日本は戦後、民主主義と自由を守り、平和国家としての道を歩んできました。この姿勢を貫くことに1点の曇りもありません。

安倍晋三の名言(10):日教組どうすんだ日教組!




安倍晋三の名言(11):働きたい人が働けるという状況を作っていく。雇用を作り、収入が増える環境を作っていく。それが政府に課せられた使命だ

安倍晋三の名言(12):天皇皇后両陛下にはー、末永くお健ゃかで、あられ、ますことを、願って…、あらせられますことを願っていません。

安倍晋三の名言(13):誰が何と言おうとどんなに批判を受けようと自分の信念を持ち続けることが重要。

安倍晋三の名言(14):大企業の業績の果実が 中小小規模企業その従業員に行き渡らないようであればアベノミクスは失敗であると私は考えています。

安倍晋三の名言(15):祖父の岸信介が「もう一回総理をやらせてくれればもっとうまくやったのに」と、よく話していました。私は今回、そのチャンスをもらいました。まず心がけたのは、あまり肩に力を入れないようにということですね。自分の思い通りにはならないということを認識し、独り善がりにならないように気をつけました。いくら立派な政策でもそれだけでは前に進んでいかないのだから、国民のニーズは何かということを見極めようとしました。

安倍晋三の名言(16):占領時代につくられた現行憲法を起草したのは憲法に素人のGHQ(連合国軍総司令部)の人たちだった。基本法である以上、成立過程にこだわらざるを得ない。

安倍晋三の名言(17):政権がスタートした時は、野球で言えばノーアウト満塁でマウンドに立ったようなものでした。こういう時は奇をてらってはダメ。自分を信じて思い切り腕を振ってど真ん中に投げるしかない。その思いで「大胆な金融緩和、機動的な財政出動、成長戦略」からなる「三本の矢」の政策を放っていきました。

安倍晋三の名言(18):女性の活躍は、社会政策でなく、成長戦略として捉えています。日本は人口減少の中で労働力が不足していく、もうダメじゃないか、と言われていますが、女性は日本に眠る最大の潜在力です。女性がその能力を開花させていくうえで様々な障害がありますので、そ眠る最大の潜在力です。女性がその能力を開花させていくうえで様々な障害がありますので、それを取り除いていくための政策を進めていきます。

安倍晋三の名言(19):重要なことは結果だ。100の言葉より1の結果だ。

安倍晋三の名言(20):従来の規制が想定しない新技術を迅速に試験導入できる規制の「サンドボックス」を設けます。現行法の規制を一時的に止めて新技術を実証できる仕組みで、まず国家戦略特区において自動走行やドローンの実証実験を迅速に集中して行えるようにします。特区に限らず、参加者と期間を限定して「まずはやってみる」ことを可能にするプロジェクト単位でのサンドボックスも創設します。




安倍晋三の名言(21):次元の圧力をかけるべく取り組みを進める必要がある。

安倍晋三の名言(22):次は私が(北朝鮮の)金正恩(キムジョンウン)委員長と向き合う番だと思っている

安倍晋三の名言(23):時には長州男児の肝っ玉をお見せしましょうかと思う時もありましたが、平常心、平常心、自分に言い聞かせながら日々仕事をしています。

安倍晋三の名言(24):私自身は、TPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回も、ございませんから。

安倍晋三の名言(25):私自身がもっともっと丁寧に時間をとって説明すべきだったと、反省もいたしております

安倍晋三の名言(26):私を「右翼の軍国主義者」とお呼びになりたいのであれば、どうぞそうお呼び頂きたい

安倍晋三の名言(27):私や私の秘書が犯人や暴力団の組織と関係があれば首相も衆院議員も辞める考えだ

安倍晋三の名言(28):私は立法府の、立法府の長であります。

安倍晋三の名言(29):私は総理大臣としてありえないとこう言っているんですから。間違いありませんよ。

安倍晋三の名言(30):私はですね、幅広く募っているという認識でございました。募集してるという認識ではなかったのです




安倍晋三の名言(31):私はずっとしているんですが全然息苦しくはございません。意図的にそうやっておとしめるような発言はやめていただきたいと本当に思います

安倍晋三の名言(32):私の世代でこの問題に終止符を打つ。

安倍晋三の名言(33):私の妻や友人が関わったので、国民が疑念を持つのは当然。

安倍晋三の名言(34):私が話しているのは真実。それを信じてもらえないということになれば、予算委員会が成立しない

安倍晋三の名言(35):根拠がないことを仰るというのは、嘘をついているというのと同じことですよ

安倍晋三の名言(36):今年は私にとって「変化」の年でした。それは、「責任」ですかね。

安倍晋三の名言(37):憲法について、考え方の一つとして、いわば国家権力を縛るものだという考え方はありますが、しかし、それはかつて王権が絶対権力を持っていた時代の主流的な考え方であって、今まさに憲法というのは、日本という国の形、そして理想と未来を語るものではないか、このように思います

安倍晋三の名言(38):経済外交を展開して改めて認識したのは、やはりトップが行かないと物事が進まないことがあるし、首脳会談で相手に協力を依頼することによって絡んだ糸がほどけていくこともあるということです。

安倍晋三の名言(39):繰り返しになりますがですね、私や妻が関係していたという事になれば、これはもう、えーまさに、これはもう、私は総理大臣も、それはまあ、間違いなく、総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきり申し上げておきたい

安倍晋三の名言(40):頑張った人が報われる日本経済、今日よりも明日の生活が良くなると実感できる日本経済を取り戻してまいります




安倍晋三の名言(41):改革に終わりはありません。経済はグローバル化しており、世界で勝ち残らなければ、結局は雇用も維持できません。

安倍晋三の名言(42):我が党においては結党以来、強行採決をしようと考えたことはない

安倍晋三の名言(43):我々自民党は、2009年に政権を失った生々しい経験をしっかり頭に入れています。国民から「ノー」を突きつけられた自民党に再び戻ってはいけない。あの時のことは忘れてはいないし、忘れてはいけないと思っています。

安倍晋三の名言(44):何よりも「日本を日本たらしめているものは何か」を見失うようでは日本のリーダーとしては失格でしょう。

安倍晋三の名言(45):嘘をついたと認めたほうがいい。

安倍晋三の名言(46):一つの色や価値観で世界を染め上げようというのは多くのリーダーは考えていません。

安倍晋三の名言(47):移民政策と誤解されないよう配慮しながら、総合的かつ具体的な検討を進める。

安倍晋三の名言(48):意味もない質問だよ!

安倍晋三の名言(49):悪夢のような民主党政権。

安倍晋三の名言(50):哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳。予想通りでした。




安倍晋三の名言(51):もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました。

安倍晋三の名言(52):もっぱら私は民主党は批判の対象にしかしなかったが、少し良いことがあった。例えば武器輸出三原則の緩和だ

安倍晋三の名言(53):もし私が批判されることを恐れて自説を引っ込め戦うことをやめていたら今の私はなかったでしょう。

安倍晋三の名言(54):みな、自国の「色」を大事にしその歴史に誇りを持っている中で日本のリーダーだけが「無色」では国際的な信用を得ることも難しいでしょう。

安倍晋三の名言(55):マスク市場にインパクトがあったのは事実

安倍晋三の名言(56):プレミアムフライデーに、座禅を組みました。

安倍晋三の名言(57):なるべく冷静にしようと思い、息を4秒吸って、8秒で吐くようにしている。​

安倍晋三の名言(58):どうかお父さんも恋人を誘って。

安倍晋三の名言(59):ただスローガンを重ねるだけでは、社会を変えることはできない。具体的な政策なくして、そのスローガンを現実のものとすることはできない。具体的な政策を提案し、実行し、そして結果を出していく決意だ。

安倍晋三の名言(60):その議会の運営ということについて、えー少し勉強していただいた方がいいと思います。議会についてはですね、私は立法府、「立法府の長」で、あります。




安倍晋三の名言(61):すしの話の時も決めつけをしたが、真っ赤なうそだったではないか

安倍晋三の名言(62):こんな人たちに負けるわけにはいかない

安倍晋三の名言(63):この国を、守りぬく。

安倍晋三の名言(64):ゴールまで、ウラジーミル、2人の力で駆けて、駆け、駆け抜けようではありませんか

安倍晋三の名言(65):お寺でミュージカル、遺跡のパワースポットでヨガ。アイデア次第で観光客を集めるキラーコンテンツに生まれ変わる。

安倍晋三の名言(66):ウラジーミル。君と僕は、同じ未来を見ている。行きましょう、プーチン大統領。ロシアの、若人のために。そして、日本の、未来を担う人々のために。……未来を生きる人々を、これ以上、もう待たせてはならない。ゴールまで、ウラジーミル、二人の力で、駆けて、駆け、駆け抜けようではありませんか。

安倍晋三の名言(67):いや責任は、責任があるから、責任を、私の…、私の責任を取ると。い、い、で、これ中身についてはですね、中身については、あの、あえて申し上げる必要はないと思います。

安倍晋三の名言(68):いずれにいたしましてもですね、いずれにいたしましても、えー繰り返して申し上げますが、私も妻もですね、一切このー、えー認可にもですね、えーあるいは、この国有地の払い下げにも、お、関係ないわけでありまして.

安倍晋三の名言(69):Buy Japan, Buy my Abenomix!(日本は買いだ、アベノミクスは買いだ)

安倍晋三の名言(70):30年来の、友人である、私と加計さんはまさに、ばくしんの友、であると私は、そう思っています。




安倍晋三の名言関連動画

安倍晋三 福島県小野町でソウルフードいただきました。

「自由で開かれたインド太平洋」構想を通して、世界平和に貢献し、日本を守り抜く

安倍晋三の出演映画・ドラマ作品

↓↓↓詳細は以下から↓↓↓




安倍晋三の名言まとめ

日本を代表する政治家であり、日本の歴代首相の中で最も在任期間が長く、日本を愛し、日本を守るために必死に政治活動に尽力してきた安倍晋三の名言はいかがでしたでしょうか。

私個人的に好きな名言は「もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました。」や「私の世代でこの問題に終止符を打つ」です。

安倍元首相は、人が大好きで、人情に溢れた人でした。いつも国民の前では笑顔を忘れず、誰に対しても礼儀正しく、気さくに触れ合うことで多くの国民から愛されていましたし、各国の首相からも人気が高かったです。そんな安倍元首相の人柄だからこそ、日本は鎖国的な文化が強い国ですが、国境や国籍にこだわらずに、人間みんな仲良くしようという思いが強かったように思います。

また日本は島国でありながら、周辺国との戦争を行い、領土問題があります。その1つの領土問題である北方領土問題を解決するべく、プーチン大統領と蜜月外交のおかげで、一時は解決の方向へと進んでいました。安倍元首相の決意はすごく、これと決めたら動き出す行動力は感銘を受けました。

最後の終わり方はテロによる暴力行為という無念ではありますが、多くの日本国民から感謝され、愛されているに違いないでしょう。天国でもきっと活躍なされること思います。ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA