小泉進次郎の名言98選「育休に休みという言葉が入っている」

小泉進次郎の名言を98個厳選してまとめてお届けします。小泉進次郎は、政治家として活躍しており、第27・28代 環境大臣も歴任した。父に元首相である小泉純一郎に持っており、兄には小泉孝太郎という華麗なる一族。そんな小泉進次郎は独特な2回繰り返す言い回しによる多くの名言が世間を賑わせている。

小泉進次郎のプロフィール

プロフィール詳細
名前 小泉進次郎(こいずみ しんじろう)
生年月日 1981年4月14日
出身地 神奈川県横須賀市
職業 政治家、元小泉純一郎の私設秘書
血液型 AB型
身長 170cm

引用元:小泉進次郎プロフィールwikipedia



小泉進次郎の名言98選

小泉進次郎の名言(1):与野党が共により良い議会の在り方に向けて、確かな一歩を積み上げたという成功体験を作らなかったら、大きな改革まで絶対行かないと思います。

小泉進次郎の名言(2):有志有途。

小泉進次郎の名言(3):約束は守るためにありますから約束を守るために全力を尽くします。

小泉進次郎の名言(4):民間の人たちの足を引っぱるようなことをしてはいけない

小泉進次郎の名言(5):民と官が切磋琢磨して、良い意味での緊張関係が必要

小泉進次郎の名言(6):毎日でも食べたいということは毎日でも食べているというわけではないんです。

小泉進次郎の名言(7):僕は政治の道を職業だと思ってないんです。

小泉進次郎の名言(8):僕の中では打倒ドン・キホーテ。『ドンドンドン、ドンキ』というのを気づいたら口ずさんでしまう。願わくば幼稚園や保育園でも体操と一緒に。そう考えると、打倒パプリカですかね

小泉進次郎の名言(9):僕が一番良くないと思うのは政治のことしか話せない政治家

小泉進次郎の名言(10):反省の無限ループ




小泉進次郎の名言(11):反省しているんです。ただこれは私の問題だと思うが反省をしていると言いながら、反省をしている色が見えないという指摘には私自身の問題だと反省している。

小泉進次郎の名言(12):反省がないのが反省

小泉進次郎の名言(13):悩んだ時、苦しい時、精神的にも体力的にギリギリだなっと自分が思う時も、最後に自分を支えてくれる事は、この生き方を選んだのは俺なんだというね

小泉進次郎の名言(14):年齢を基準に「支える側」「支えられる側」と区切り、現役世代にさらに負担を求めるか、高齢者にガマンしてもらうか、という固定化された発想を超えて、「支える側」と「支えられる側」の人口バランスそのものをつくりなおすという新しい発想が欠かせません

小泉進次郎の名言(15):日本人にとって100歳まで生きることは、ファンタジーではなくリアリティになりました。だからこそ、100年生きることを見据えた改革ビジョンを、様々な関係者の協力と国民の皆さんの理解を得ながら実現していくことが重要です

小泉進次郎の名言(16):日本って色んな所でそうですけど、本当に困らなかったら変わらない

小泉進次郎の名言(17):長生きをリスクにしない、選択する社会保障を確立するには、一人ひとりの多様な生き方、選択を支えることが大事です

小泉進次郎の名言(18):他人に理解されなくても、どうして分かってくれないんだ、と思ってはいけない。自分が理解されないのは、まだ足りない部分があるからだと戒めるためにも、孔子の言葉をいつもかみ締めている。

小泉進次郎の名言(19):全産業の中で最も伸びしろのある産業が農業だと見ている

小泉進次郎の名言(20):絶対できる、というよりもできっこないことに挑むのは、チャレンジングでいいじゃないですか。




小泉進次郎の名言(21):政治家の場合は、有名になることが目的ではない。結果や過程として、そうなることがあるだけ

小泉進次郎の名言(22):政治家の仕事は「決めること」だと言われますが、同時に「決めすぎること」の弊害も、頭に入れておく必要がある。

小泉進次郎の名言(23):政治家の仕事は「起こりうる未来に備えること」

小泉進次郎の名言(24):政治家の仕事は、様々な立場にある様々な人が、自分に合った居場所を見つけて活躍できるよう、そのステージを整備すること

小泉進次郎の名言(25):政治家とは言葉が命であって、武器であるから、当たり前のように使っている言葉がどう伝わるか、敏感に、ものすごく繊細に扱わないといけない

小泉進次郎の名言(26):政治家って叩かれるものだけど、叩かれるのは構わない。常に批判の対象であるべきだと思うけど、使う前に使い物にならないように叩くのは、いったい誰のためになるんだろうかと思いますよ。せっかくなら、使ったらいいのに……。

小泉進次郎の名言(27):政治の世界は人間関係の縮図のようなところで、理屈を超えて、どうやったら組織としてうまく機能するかを考えます

小泉進次郎の名言(28):水と油も混ぜればドレッシングになる

小泉進次郎の名言(29):人生100年時代はどうでしょうか。「20年かけて学び、40年間働き、残りの40年を引退期として過ごす」のでしょうか。さすがに隠居生活の期間が40年だというのは、ちょっと長すぎますよね

小泉進次郎の名言(30):人生100年時代の日本には多種多様な生き方を選択できるレールが必要




小泉進次郎の名言(31):人生100年時代という日本特有の課題、これは世界にとっては驚くべき課題

小泉進次郎の名言(32):人口減少は不可避です。

小泉進次郎の名言(33):進むべき方向や変えるべきことを頭では分かっていても、いざとなると、今までの経緯や前例に縛られて、現実に折り合いをつけてしまうことってありませんか?

小泉進次郎の名言(34):真の豊かさとは何か、都会だけを見ていると誤るし、地方を見ると痛切に感じて、自民党を変えるために動かないといけない

小泉進次郎の名言(35):常に心掛けてることは、自分の話している言葉に『体温』と『体重』を乗せることです

小泉進次郎の名言(36):少しでもボクのメッセージが伝わるようにより良い選挙のあり方があると思って、毎回工夫をしています。

小泉進次郎の名言(37):将来に悲観的な1億2千万人の国よりも、将来に楽観的で自信を持つ6千万人の国の方が強いと思う。

小泉進次郎の名言(38):将来に悲観する1億2000万人より将来に自信と楽観を持つ6000万人のほうが強い。人口減少を強みに変えよう

小泉進次郎の名言(39):若い人から『政治家って楽しいですか』とよく聞かれることがあるんです。ボクは『楽しい』とは言ってはいけない職業だと思っています

小泉進次郎の名言(40):失言すれば、やっぱり世襲だからだめなんだと批判されることは分かり切っていることなので、いつも緊張感を持って行動するようにしています。




小泉進次郎の名言(41):自民党に追い風はないんですよ。単純に野党の自爆能力が高い。

小泉進次郎の名言(42):自分の話している言葉に「体温」と「体重」を乗せることです。

小泉進次郎の名言(43):自分が話している姿を映像で見るのが一番のコミュニケーションの勉強です。

小泉進次郎の名言(44):私は常に心掛けていることは、

小泉進次郎の名言(45):私はこれは福島県民の皆さんとの約束だと思っています。

小泉進次郎の名言(46):私の中で30年後を考えたときに、『30年後の自分は何歳かな』と発災直後から考えていました。だからこそ私は、健康でいられれば、30年後の約束を守れるかどうかという、その節目を見届けることが、私はできる可能性のある政治家だと思います

小泉進次郎の名言(47):最後に自分を支えてくる事は『この生き方を選んだのは俺なんだ』

小泉進次郎の名言(48):今我々が持つべきものは発想です。

小泉進次郎の名言(49):今までの政策の延長線上に未来はない

小泉進次郎の名言(50):今のままの国会では国際社会のスピードについていけない。世界のリーダーたちと太刀打ちできない




小泉進次郎の名言(51):今のままではいけないと思います。だからこそ日本は今のままではいけないと思っている。

小泉進次郎の名言(52):今のままではいけないと思います

小泉進次郎の名言(53):今ここで脱皮する努力をしないと行き詰まるぞ、という思いがあるので、自分の身の処し方、時間の使い方を意識して変化をつけていく。

小泉進次郎の名言(54):国民のことを信用していない政治家が、国民のみなさんから信用していただけるはずがないでしょう

小泉進次郎の名言(55):言葉は体験から生まれるということです。そしてその体験というのはどんな体験かというと、骨が記憶をしているくらいの体験をしてください。

小泉進次郎の名言(56):気象変動のような大きな問題は楽しくかっこよくセクシーであるべきだ

小泉進次郎の名言(57):楽しくクールでセクシー

小泉進次郎の名言(58):街中に「小泉進次郎です」と手を振って歩いている人が近寄って来てくれて「ありがとうございます」って握手してくれるかなと思ったら、ツバを吐かれたあの時。そういったことが、自分の中で全部残ってる。しかもそれが初めての選挙だから、これはおそらく一生忘れない

小泉進次郎の名言(59):我々は気を引き締めないといけない

小泉進次郎の名言(60):何かをやればお叱りを受け、何もやらなくてもお叱りを受ける。ストレスが全くないといえば、嘘になります。でも、そういう負荷がかかっているからこそ、「これだけの負荷に耐え続けた人間は、どこまで成長するんだろう?」という期待を、自分に対して持っているんです




小泉進次郎の名言(61):一般常識が通用しない選挙のありかたは本当に非常識だと思う。

小泉進次郎の名言(62):育児休業という「休む」という言葉が入っていますが、ぜんぜん休みなんかじゃないですね。

小泉進次郎の名言(63):育休に休みという言葉が入っている

小泉進次郎の名言(64):意外にこれ知られてない

小泉進次郎の名言(65):レジ袋有料化はプラスチックゴミの削減には繋がりません。国民がプラスチックに問題意識を持ってもらうことが目的

小泉進次郎の名言(66):リモートワークのおかげです。

小泉進次郎の名言(67):より多くの人が働けるようにするためには、まず「働くことで損をするような制度」をなくしていくことが欠かせません

小泉進次郎の名言(68):みんなすごく飽きやすく、情報が消費されるのが早く、メディアも細分化している。マスに届ける難しさを、すごく感じます

小泉進次郎の名言(69):マスコミにいつも追われているのは、正直イヤですよ。これをイヤと思わない人がいたら、会ってみたいね。

小泉進次郎の名言(70):ホントにこの国に(イノベーションが)生まれるのかな?




小泉進次郎の名言(71):ボク思うのは、有名人には『なる』より、『見る』ほうがよっぽどいい。それは、なってみないとわからないですけどね。よく、『有名になりたい』と言う人っているじゃないですか。『なったら後悔するよ』と言いたい。

小泉進次郎の名言(72):ボクには強烈な愛国心がありますね。

小泉進次郎の名言(73):プラスチックの原料って石油なんですよね。意外にこれ、知られていないケースがあるんですけど。

小泉進次郎の名言(74):ハッピーにセクシーに

小泉進次郎の名言(75):のどぐろ

小泉進次郎の名言(76):どんな状況であっても、決してブレない。変化の激しい時代だけど、変わらないものへの価値を見直す

小泉進次郎の名言(77):それをどういう意味かと説明すること自体がセクシーじゃないよね。

小泉進次郎の名言(78):その約束は守るためにあるものです。全力を尽くします

小泉進次郎の名言(79):その感想を求められた時の感想がこちら。

小泉進次郎の名言(80):ステーキ




小泉進次郎の名言(81):スキル云々の前に、自分はどう生きたいのか?そういった事をもう一度、一人ひとりが考えるっていうのが大事なんじゃないかな。

小泉進次郎の名言(82):シルエットが浮かんできたんです。

小泉進次郎の名言(83):これだけ働き方改革を言っている政治と霞が関、官僚の世界が一番働き方改革が必要な世界なんですよ

小泉進次郎の名言(84):この問題をいかにクールに解決するか、ハッピーにセクシーに。

小泉進次郎の名言(85):この国に一番必要なのは変化、変革だ。

小泉進次郎の名言(86):おぼろげながら浮かんできたんです。『46』という数字が。

小泉進次郎の名言(87):オチを言ってしまった罪悪感でいっぱい

小泉進次郎の名言(88):Japan keeps time.

小泉進次郎の名言(89):30年後の自分は何歳かな。

小泉進次郎の名言(90):1億2千万人の国より6千万人の国。




小泉進次郎の名言(91):10年後の世界、10年後の日本を正確に予見できる人なんて、一人もいないと思ったほうがいい。でも、かなりの高確度で予測できる未来が一つだけあります。日本の人口が減っていくという未来です

小泉進次郎の名言(92):『環境大臣室にぜひお越しください』と。『一緒にノドグロ食べましょうよ』って言ったときの、あの『いいんですか』っていうね、喜んだ顔。嬉しかったですね。

小泉進次郎の名言(93):『まず隗より始めよ』という言葉あるが、『まず官より始めよ』。これを、みなさんが声を大にしてぶつけていただくことが大事だ

小泉進次郎の名言(94):「日本にいたら日本のことはわからないぞ」当時意味が分かりませんでした。

小泉進次郎の名言(95):「働き方改革」の先にあるのは、人生100年時代の「生き方改革」だと思っている

小泉進次郎の名言(96):「沈黙」それが正解

小泉進次郎の名言(97):「スキャンダル」や疑惑が起きると、党首討論も委員会も、それ一色に染まり、全ての議論が止まってしまう、いわば「一車線」しかないのが今の国会です。

小泉進次郎の名言(98):・・・なんで、先にオチを言うんですか?




小泉進次郎の名言関連動画

小泉進次郎 年末のご挨拶

小泉進次郎 衆議院選挙「さぁ、進もう。次へ。

小泉進次郎の出演映画・ドラマ作品

↓↓↓詳細は以下から↓↓↓




小泉進次郎の名言まとめ

日本を代表する政治家の小泉進次郎の名言はいかがでしたでしょうか。

私個人的に好きな名言は「30年後の自分は何歳かな。」や「毎日でも食べたいということは毎日でも食べているというわけではないんです。」です。

30年後の自分の年齢を問いただすセンスは天才ですね。また毎日でも食べていたら飽きてしまうので、毎日でも食べたいと思うことはつまり、毎日食べられないということを言いたかったと思います。小泉進次郎さんの言葉は謎が多く、深みがある名言が多いですね。AB型独特の天才肌なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA