松下幸之助の名言70選「誠実に謙虚に、そして熱心にやることである。」

松下幸之助のプロフィール

プロフィール詳細
名前 松下幸之助(まつした こうのすけ)
生年月日 1894年11月27日
出身地 和歌山県
職業 創業者(松下電器産業), 実業家、発明家
一言まとめ パナソニックを創業しており、経営の神様として多くの経営者から尊敬され、経営者の理想として崇められている

引用元:松下幸之助プロフィールwikipedia

松下幸之助の名言60選

松下幸之助の名言(1):以前、どこかの会社の社長が、知恵ある者は知恵を出せ、知恵無き者は汗を出せ、それも出来ない者は去れ、と社員に言っていたことがある。私は部下に大いに働いてもらうコツの一つは、部下が働こうとするのを、じゃましないようにするということだと思います。

松下幸之助の名言(2):どんなに完備した組織を作り、新しい手法を導入しても、それを活かす人を得なければ成果も上がらず、企業の使命も果たせない。企業が社会に貢献しつつ、自らも隆々と発展していけるかどうかは、一にかかって人にある。

松下幸之助の名言(3):人より一時間余計に働くことは尊い。努力である。勤勉である。だが、いままでよりも一時間少なく働いて、いままで以上の成果を挙げることもまた尊い。そこに人間の働き方の進歩があるのではないだろうか。

松下幸之助の名言(4):一切のものには寿命があると知ったうえで、寿命に達するその瞬間までは、お互いがそこに全精神を打ち込んでゆく。そういう姿から、大きな安心感というか、おおらかな人生が開けるのではないかと思う。

松下幸之助の名言(5):いくら熱心でもムダなことやったらいけませんで。それがムダかどうかは、あなた自身で考えなさい。これはムダなことかどうか、一つひとつ検討しなさい。必ずムダなことをやっているに違いない。

松下幸之助の名言(6):社長こそ心配する役や。社員の中で一番心配が多いのが社長である。そこに社長としての生きがいがあるんだということを、私は自分自身に言いきかせて、それで難関を突破してきたわけです。

松下幸之助の名言(7):自分が利を得るために、不必要に自分の膝を屈することは決してすまい。なぜなら、そうして得られた応援や協力は、また目に見えないしがらみを生み、道を暗くするからである。

松下幸之助の名言(8):よく人の意見を聞く、これは経営者の第一条件です。私は学問のある他人が全部、私より良く見え、どんな話でも素直に耳を傾け、自分自身に吸収しようと努めました。

松下幸之助の名言(9):経営というものは、天地自然の理にしたがい、世間大衆の声を聞き、社内の衆知を集めて、なすべきことを行っていけば、必ず成功するものである。

松下幸之助の名言(10):人を待たせるということは、その人を大切にしていない証拠。「あなたの時間より私の時間の方が大切です」という無言のメッセージである。

松下幸之助の名言(11):偉人のやり方をそのまま真似るというのではなく、それにヒントを得て自分の持ち味に合わせたあり方を生み出さねばならないと思う。

松下幸之助の名言(12):自然の理にかなったことで、事が成らないものはない。何にもとらわれない素直な心で、何が理なのかを見極めつつ行動していきたい。

松下幸之助の名言(13):苦難がくればそれもよし、順調ならばさらによし、という心づもりを常に持ち、人一倍の働きを積み重ねてゆくことが大切だと思う。

松下幸之助の名言(14):苦難がくればそれもよし、順調ならばさらによし、という心づもりを常に持ち人一倍の働きを積み重ねてゆくことが大切だと思う。

松下幸之助の名言(15):素直な心で見るということがきわめて大事だ。そうすれば、事をやっていいか悪いかの判断というものは、おのずとついてくる。

松下幸之助の名言(16):商売や生産はその商店や製作所を繁栄させることにあらずその働き、活動によって社会を富ましめるところにその目的がある。

松下幸之助の名言(17):褒めるということはいたわりであり、お互いの人間同士をしっかり結びつけるひとつの大切な絆ではないかと思うのです。

松下幸之助の名言(18):人生における成功の姿は、予知できない障害を乗り越え、自分に与えられた道を着実に歩んでいくことにあらわれる。

松下幸之助の名言(19):すべての人を自分より偉いと思って仕事をすれば、必ずうまくいくし、とてつもなく大きな仕事ができるものだ。

松下幸之助の名言(20):すべての人を自分より偉いと思って仕事をすれば必ずうまくいくし、とてつもなく大きな仕事ができるものだ。

松下幸之助の名言(21):現在与えられた今の仕事に打ち込めないような心構えではどこの職場に変わっても決していい仕事はできない。

松下幸之助の名言(22):心配や憂いは新しいものを考え出すひとつの転機。正々堂々とこれに取り組めば新たな道が開けてくれる。

松下幸之助の名言(23):心の持ち方で結果が変わる。楽観か悲観か、積極か消極か。心のあり方如何で、物の見方が変わってくる。

松下幸之助の名言(24):土俵の何百倍かの努力を、毎日たゆまずやってはじめて、1分の土俵で勝負を決する際に効果が表れる。

松下幸之助の名言(25):品切れは店の不注意、お詫びして後「早速取り寄せてお届けします」とお客の住所を伺うべきである。

松下幸之助の名言(26):決して失敗を運やツキ、他人のせいにしてはならない。そして成功は自分の力量とうぬぼれないこと。

松下幸之助の名言(27):自分は自分である。何億の人間がいても自分は自分である。そこに自分の自信があり、誇りがある。

松下幸之助の名言(28):十のサービスを受けたら十一を返す。その余分の一のプラスがなければ、社会は繁栄していかない。

松下幸之助の名言(29):仕事には知恵も才能も大事。しかし、より大事なのは平凡、些細なことを疎かにしない心がけです。

松下幸之助の名言(30):立派な歴史伝統を持つ会社でも人を得なければ徐々に衰微する。歴史、伝統を生かすのも人である。

松下幸之助の名言(31):志を立てるのに、老いも若きもない。そして志あるところ、老いも若きも道は必ず開けるのである。

松下幸之助の名言(32):わずかな人間の知恵の幅である。賢さの中にも愚かさがあり、愚かさの中にも賢さがひそんでいる。

松下幸之助の名言(33):たとえ平凡で小さなことでも、それを自分なりに深く噛みしめ味わえば大きな体験に匹敵します。

松下幸之助の名言(34):熱心は、人間に与えられた大事な宝である。そして、この宝は誰にでも与えられているのである。

松下幸之助の名言(35):自社伝統の精神を部下、後輩に話し伝えることは、社員たるものの尊い仕事であり義務である。





松下幸之助の名言(36):心を定め 希望をもって歩むならば必ず道はひらけてくる深い喜びも そこから生まれてくる

松下幸之助の名言(37):仕事をするに当たって、まず心を磨くというか、ものの考え方を成長させる必要があります。

松下幸之助の名言(38):人は何度やりそこなっても、「もういっぺん」の勇気を失わなければ、かならずものになる。

松下幸之助の名言(39):世の為、人の為になり、ひいては自分の為になるということをやったら、 必ず成就します。

松下幸之助の名言(40):難しいことはできても、平凡なことはできないというのは、本当の仕事をする姿ではない。

松下幸之助の名言(41):山は西からも東からでも登れる。自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。

松下幸之助の名言(42):失敗したところでやめるから失敗になる。成功するまで続けたら、それは成功になる。

松下幸之助の名言(43):やる気と競争が能率を上げる。そして優秀な人の真似をするとさらに効率が良くなる。

松下幸之助の名言(44):誠意や真心から出たことばや行動は、それ自体が尊く、相手の心を打つものです。

松下幸之助の名言(45):競争も必要、対立することもあっていい。だが敵をも愛する豊かな心を持ちたい。

松下幸之助の名言(46):自らも楽しみ人々にも喜びを与える。大切な人生をこうした心構えで送りたい。

松下幸之助の名言(47):無限に発展する道はいくらでもある。要はその道を探し出す努力である。

松下幸之助の名言(48):御用聞きは、何か一・二の品物なり商品の広告ビラなり持って歩け。

松下幸之助の名言(49):無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ。

松下幸之助の名言(50):商売は世のため人のための奉仕にして、利益はその当然の報酬なり

松下幸之助の名言(51):松下電器は人を作る会社です。あわせて電気製品を作っています。

松下幸之助の名言(52):お客の前で店員小僧をしかるくらいお客を追い払う妙手段はない。

松下幸之助の名言(53):自分の仕事は、人の助けなくして、一日も進み得ないのである。

松下幸之助の名言(54):お客様をじろじろ見るべからず。うるさく付きまとうべからず。

松下幸之助の名言(55):売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永久の客を作る。

松下幸之助の名言(56):失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れたい。

松下幸之助の名言(57):店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何。

松下幸之助の名言(58):自分をほめてあげたいという心境になる日を持ちたい。

松下幸之助の名言(59):才能がハシゴをつくるのではない。やはり熱意である。

松下幸之助の名言(60):自分が方向を変えれば新しい道はいくらでも開ける。

松下幸之助の名言(61):自分に不満な人は必ずいる。これを知ることである。

松下幸之助の名言(62):叱ってくれる人を持つことは、大きな幸福である。

松下幸之助の名言(63):不況のときは何が正しいか考え、訴え、改革せよ。

松下幸之助の名言(64):誠実に謙虚に、そして熱心にやることである。

松下幸之助の名言(65):決心することが、社長と大将の仕事である。

松下幸之助の名言(66):一生懸命な人にしかチャンスは微笑まない。

松下幸之助の名言(67):私は死の直前まで運命に素直に従いたい。

松下幸之助の名言(68):わからなければ、人に聞くことである。

松下幸之助の名言(69):商売とは、感動を与えることである。

松下幸之助の名言(70):志低ければ、怠惰に流れる。




松下幸之助の名言関連動画

NHK かんさい想い出シアター ドキュメンタリー「警世~松下幸之助と日本経済」 初回放送日197 标清






【松下幸之助の経営講話】千の悩みも結局は一つ|松下幸之助経営塾

松下幸之助の作品

今なら特別価格!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です