池田大作の名言142選

池田大作の名言を142個厳選してまとめてお届けします。

池田大作のプロフィール

プロフィール詳細
名前 池田大作(いけだだいさく)
生年月日 1928年1月2日
出身地 東京都大田区
職業 宗教家
血液型 O型

引用元:池田大作プロフィールwikipedia



池田大作の名言142選

池田大作の名言(1):恋愛と結婚恋愛と結婚とは、それぞれ独立した、別々のもののように考えられ、それが近代的な生き方であるかのようにいわれているが、私はそれは誤りであると思っている。やはり、真剣な恋愛は、結婚という実を結ぶための花でなければならない。

池田大作の名言(2):歴史観とは人間観である。歴史を学ぶことは人間を見る目も豊かにする。

池田大作の名言(3):励まし苦しみに打ち勝つためには、何よりも励ましが必要なのだ。励ましは勇気の母となる。

池田大作の名言(4):立派そうに見せるために苦労することは、その人の力のないことを人にすすんで示すようなものである。

池田大作の名言(5):欲望の克服現代は、欲望の達成こそが人生の目的であるかのごとき錯覚がある。

池田大作の名言(6):友情変わらぬ友情は、いかなる宝よりも尊い。策や利害ではなく、友情を結び、友情を大切にする人生こそ光り輝く人生である。

池田大作の名言(7):勇気人生の勝利も、すべて勇気から始まる。一歩踏み出す勇気、くじけぬ勇気、自分に負けない勇気・・・・。勇気こそが壁を破る。

池田大作の名言(8):優秀な人間として、誰が「優れて」いるのか。それは人の心の痛みを分かち合える「優しさ」をもつ人ではないだろうか。その人こそ「優秀」な人なのではないだろうか。

池田大作の名言(9):無力感、無関心無関心は、心の死である。他者の苦しみを見て見ぬ振りをすることによって、自分の心の大切な何かを、マヒさせ、死に至らしめているのだ。

池田大作の名言(10):無限の財宝母は大邸宅や庭園がなくても平気である。お金がなくても名誉がなくても平然としている。愛する主人がいかなる立場であろうが達観している。わが家こそが宮殿であり心のなかには無限の財宝をもっていることを知っているからだ。

池田大作の名言(11):民主主義戦前の軍国の日本は、民衆一人一人が意見をもつことが許されず、戦争の暴走を食い止めることができなかった。民主主義は、制度の問題だけではない。民主主義を支える民衆が自らを高めていく努力が不可欠である。

池田大作の名言(12):慢心した人間は学ばない。だから停滞し、時代に取り残されてしまう。それでは後輩たちの邪魔になるだけだ。

池田大作の名言(13):本来の美しさ人の美しさを妬めば、自分の本来の美しさも消える。人の美しさを讃えれば、自分の本来の美しさは倍加する。

池田大作の名言(14):母母こそ、子どもにとって人生における最初の教師にして、最良の教師である。

池田大作の名言(15):平和憲法戦争放棄をうたう日本国憲法に掲げられた平和の理念と精神を、全世界に広げることが日本の使命である。戦争を放棄するためには、不信を信頼に、憎悪を友情に変え、戦争など起こさない友好関係を、すべての国々と築いていく以外にない。




池田大作の名言(16):平和を考える平和ほど、尊いものはない。平和ほど、幸福なものはない。平和こそ、人類の進むべき、根本の第一歩であらねばならない。

池田大作の名言(17):文学古今の文学は、人間の心から心へ差し伸べられた橋である。どれだけ橋を渡るかで、自分の心の中身が決まっていく。

池田大作の名言(18):文化交流政治や経済だけの関係では、どうしても力の論理、利害の論理に流されてしまう。文化の交流、教育の交流こそ、人間と人間、民衆と民衆を揺るぎなく結びつけていく普遍的、永続的な力となる。

池田大作の名言(19):文化は野蛮に抗する力である。

池田大作の名言(20):仏法の知見と人間革命一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命の転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする。

池田大作の名言(21):仏教徒である前に、人間である。イスラム教徒である前に、人間である。キリスト教徒である前に、人間である。対話を通して、人間性という共通の大地に目を向け、友情が生まれれば、そこから互いの長所も見えてくる。学び合おうとする心も生まれるのだ。

池田大作の名言(22):負けない勝つことだけが人生ではない。勝とうと背伸びして道理にはずれてしまっては、何にもならない。負けないという人生は、永久に勝ちである。勝つことよりも負けないことのほうが、偉大な勝利なのだ。

池田大作の名言(23):夫婦夫と妻は互いに向き合った相対的な関係であってはならない。共に新しい人生の目標に向かって進む共同体の主体者であり、建設者であるはずだ。

池田大作の名言(24):美しく老いる人生の年輪を重ねるごとに、心がいよいよ若さを増していく。つねに「さあ、これからだ」と力強く前進する。これが真の健康である。本当の長寿である。

池田大作の名言(25):拝金主義現代人の精神世界を支配しつつあるのは、端的にいって、拝金主義の風潮だといわざるを得ない。

池田大作の名言(26):農業を考える農業を大切にしない社会は、生命を粗末にする野蛮な社会である。その社会は、早晩、あらゆる面で行き詰まる。

池田大作の名言(27):忍耐思いにまかせぬ境遇に陥ったとき、忍耐という勇気を決して忘れてはならない。

池田大作の名言(28):内なる悪と闘わなければ、外なる悪と闘うことはできない。

池田大作の名言(29):読書たった一つの言葉にも、人生を変える力がある。たった一冊の本にも、時代を動かす力がある。

池田大作の名言(30):頭だけで考えても、多くは観念論となり、大衆の心とは一致しないものだ。真に大衆の求めるものが、なんであるかを常に知ることが指導者たるゆえんである。




池田大作の名言(31):仲良く「仲良くしていこう」と思える人は幸せです。「仲良くしていこう」と心を配り、行動していける人は立派である。心がきれいであり、豊かな人である。

池田大作の名言(32):知識と知恵どんなに高度な知識を持っても、それを人間の幸福のために生かす知恵がなければ、知識は役に立たないばかりか、むしろ危険でさえある。

池田大作の名言(33):滝の如く滝の如く激しく滝の如く撓まず滝の如く恐れず滝の如く朗らかに滝の如く堂々と男は王者の風格を持て。

池田大作の名言(34):大学学問や学歴は、本来、立身出世のための道具ではない。人びとの幸福に寄与するためであり、むしろ、大学で学ぶのは、大学に行けなかった人たちに奉仕し、貢献するためである。

池田大作の名言(35):対話対話こそ人間の特権である。それは人間を隔てるあらゆる障壁を越え、心を結び、世界を結ぶ、最強の絆となる。

池田大作の名言(36):対話こそ人間の特権である。それは人間を隔てるあらゆる障壁を越え、心を結び、世界を結ぶ、最強の絆となる。

池田大作の名言(37):善悪を見きわめる力をいかに培うか。それによって人間の幸福も、人類の平和も、未来も決まってしまう。社会には、善と悪とが明快に判別できない場合もあるだろう。しかし、いかなる理由であれ、尊厳ある生命を傷つけ、殺し、破壊することは悪である。そして、生命を守り、発展させゆくものは善である。

池田大作の名言(38):善悪の基準善悪を見きわめる力をいかに培うか。それによって人間の幸福も、人類の平和も、未来も決まってしまう。社会には、善と悪とが明快に判別できない場合もあるだろう。しかし、いかなる理由であれ、尊厳ある生命を傷つけ、殺し、破壊することは悪である。そして、生命を守り、発展させゆくものは善である。

池田大作の名言(39):戦争は絶対悪戦争ほど、残酷なものはない。戦争ほど、悲惨なものはない。愚かな指導者たちに、ひきいられた国民もまた、まことにあわれである。

池田大作の名言(40):青春の信念と信義を貫いた人は、それ自体、勝利の人生である。人間として勝った人である。

池田大作の名言(41):青春の志に生き抜く、大情熱の人生は崇高である。

池田大作の名言(42):生命の尊厳と死生観現代社会の不幸の元凶は、人間生命が尊厳なる存在であるという、本源的な考えが欠如していることだ。この思考を欠いては、人間の復権はありえない。

池田大作の名言(43):生きた宗教は、社会に生き生きと活力を与え、躍動する精神の息吹を吹き込んでいく。社会に何らかの貢献もなし得ないのであれば、それは死せる宗教といわざるを得ない。

池田大作の名言(44):正義真の正義とは、民衆の幸福であり、平和でなければならないはずである。いかなる大儀があろうとも、そこに不幸な人々がいる限り、正義は存在しない。

池田大作の名言(45):政治や経済だけの関係では、どうしても力の論理、利害の論理に流されてしまう。文化の交流、教育の交流こそ、人間と人間、民衆と民衆を揺るぎなく結びつけていく普遍的、永続的な力となる。




池田大作の名言(46):政治と権力民衆を苦しめる社会の不条理と戦ってこそ、政治家である。その戦いがなければ政治屋である。最も苦しんでいる人に、救済の手を伸ばすことこそ、政治の原点である。

池田大作の名言(47):世界市民地球の運命が一つになった時代に求められる人間像こそ、開かれた心で人類益のために行動する「世界市民」である。「グローバル社会」には、「人間のグローバル化」「民衆のグローバル化」「心のグローバル化」が必須条件である。

池田大作の名言(48):人類の議会「国連」。人類の議会ともいうべき国連を支援していくことこそ、もっとも現実的な平和への道である。

池田大作の名言(49):人生の勝利も、すべて勇気から始まる。一歩踏み出す勇気、くじけぬ勇気、自分に負けない勇気・・・・。勇気こそが壁を破る。

池田大作の名言(50):人生の賢者「今」が一番大事である。過去を振り向いてはいけない。振り向く必要もない。未来への希望を大いに燃やして、今、この時に全力をそそいで生きる。その人が、人生の賢者である。

池田大作の名言(51):人事聡明な人事は、組織を潤沢にし、人材を伸ばす。愚かな人事は、組織をこわし、人材を殺してしまうものである。

池田大作の名言(52):人権苦しんでいる人がいるかぎり、自分も安閑としてはいられない―――この感覚こそ、人権意識の核である。

池田大作の名言(53):人間の真価人間の真価というのは、学歴や立場、肩書きによって決まるのではない。信義を守るかどうか、誠実であるかどうか、真剣であるかどうかである。そして、「信義の人」「誠実の人」「真剣の人」には、人間性の光彩がある。

池田大作の名言(54):人間の幸福のために宗教はあらねばならない。宗教のために人間があるのではない。

池田大作の名言(55):人を育てる人を育成するには、大きな責任をもたせ、実際にやらせて見ることが大切だ。人は責任を自覚し、真剣になることによって、力を増すものだからである。

池田大作の名言(56):人の大事な命を預かって、いいかげんな指導をするのはおそろしいことである。出来る限りの理解、できるかぎりの慎重さと、確信、責任を持って指導の任にあたるべきである。

池田大作の名言(57):親子と家庭家庭教育の最大にして最重要の眼目は、心を育むことである。人の心がわかり、行動できる人こそが、本当に心の強い人間なのである。そのためにも、親の生き方を通して、子どもの心を鍛えていきたい。

池田大作の名言(58):真の詩人とは、同時に戦う人であろう。彼は人を深く愛するがゆえに、人間社会のいかなる不正、邪悪からも目をそらさすことはできない。見てみぬ振りができない。

池田大作の名言(59):信用こそ財産人間にとって、信用ほど大切なものはない。信用こそ最高の財産である。

池田大作の名言(60):信念の力信念は目に見えない。しかし、信念こそが歴史を一歩前へと前進させる無限の力を持っている。その力を信ずることである。その力を発揮することである。その力を証明することである。




池田大作の名言(61):信仰と知性いかなる宗教であれ、排他や独善に陥らず、その包括性や受容性を維持していくには、良識ある知性の力こそが、必要なのである。

池田大作の名言(62):信教の自由権力が暴走し、猛威を振るうときには、必ず思想や信教への介入が始まる。ゆえに、思想・信教の自由を守る戦いを忘れれば、時代は暗黒の闇のなかに引きずり込まれることを知らねばならない。これこそ、時代の法則であり、歴史の証明である。

池田大作の名言(63):信義を貫く一生涯を同じ志に生きる。絶対に信頼を裏切らない。―――青春の信念と信義を貫いた人は、それ自体、勝利の人生である。人間として勝った人である。誓いとは、人間だけができる。いわば人間の人間としての証だからだ。

池田大作の名言(64):笑顔笑顔は、幸福の結果というよりも、むしろ幸福の原因だといえよう。

池田大作の名言(65):勝利勝利の栄冠は、時を逃さず、先んじて行動する人の頭上にこそ輝く。明日の勝利の因は、今日のこの時、決意と行動にこそある。

池田大作の名言(66):女性の力時代は、女性の持つしなやかな想像力、優しさ、温かさ、人間みなどが社会に反映されることを求めている。モノや効率ばかりを追うような社会から、心の通う人間らしい社会に戻していくには、女性の力が不可欠なのである。

池田大作の名言(67):女性の生き方教養と品格ある女性―――。その知性と優しさのなかにこそ、真の美しさが輝く。周囲に信頼と安心を広げることができる。

池田大作の名言(68):宗教間対話仏教徒である前に、人間である。イスラム教徒である前に、人間である。キリスト教徒である前に、人間である。対話を通して、人間性という共通の大地に目を向け、友情が生まれれば、そこから互いの長所も見えてくる。学び合おうとする心も生まれるのだ。

池田大作の名言(69):宗教の使命生きた宗教は、社会に生き生きと活力を与え、躍動する精神の息吹を吹き込んでいく。社会に何らかの貢献もなし得ないのであれば、それは死せる宗教といわざるを得ない。

池田大作の名言(70):宗教の原点人間の幸福のために宗教はあらねばならない。宗教のために人間があるのではない。

池田大作の名言(71):写真写真は「世界語」である。言葉は理解できなくとも、写真を見れば、すべてがわかる。心を分かち合うこともできる。

池田大作の名言(72):実績も何もないのに、偉ぶってはだめだ。一平卒として、一番大変なところで勝利をつかむのだ。

池田大作の名言(73):自分だけの幸福もなければ、他人だけの不幸もない。人を幸せにした分、自分も幸福になる。

池田大作の名言(74):自分が変わる尊敬は尊敬を生む。軽蔑は軽蔑を生む。自分が変われば、相手も変わる。

池田大作の名言(75):詩人真の詩人とは、同時に戦う人であろう。彼は人を深く愛するがゆえに、人間社会のいかなる不正、邪悪からも目をそらさすことはできない。見てみぬ振りができない。




池田大作の名言(76):死刑を考える死刑は国家権力による暴力の一つの極限的あらわれである。人為的に生命を奪う権利は、何人にも、どのような理由によってもありえない。

池田大作の名言(77):指導者の哲学苦しんでいる人々を、どう救うか―――ここにこそ、人類をリードする一切の哲学や指導者論のエッセンスが凝縮している。

池田大作の名言(78):思想と哲学いっさいの思想は地球上の生命を守り抜くためにこそあるべきだ。それを脅かす思想は、断じて受け入れるべきではない。

池田大作の名言(79):思いやり「思いやり」とは「思いを遣る」、つまり思いを他の人まで差し向けることである。慈愛を馳せることである。思いを遠く遣った分だけ、我が心は広がる。

池田大作の名言(80):師弟師という原点をもつ人は強い。原点を忘れない。原点を忘れなければ、人間は、進むべき信念の軌道を見失うことはないからだ。

池田大作の名言(81):使命労苦と使命のなかにのみ人生の価値は生まれる。

池田大作の名言(82):仕事社会での戦いは、信用の積み重ねが大事である。それには、誠実、誠意、真心以外にない。

池田大作の名言(83):桜梅桃李桜は桜、梅は梅、桃は桃、李は李。花にもそれぞれ個性がある。人もまた同じである。さまざまな個性の人が自分らしく花を咲かせ、しかも互いに尊重し、調和を保っていくのが人間協和の社会であり、平和の要諦といえよう。

池田大作の名言(84):差別差別は、暴力である。差別を許す社会は、病める社会である。

池田大作の名言(85):差別は、暴力である。差別を許す社会は、病める社会である。

池田大作の名言(86):国家主義というのは、一種の宗教である。誤れる宗教である。国のために人間がいるのではない。人間のために、人間が国をつくったのだ。これを逆さまにした”転倒の宗教”が国家信仰である。

池田大作の名言(87):高齢化社会高齢者の知恵と経験は、現在と未来を豊かにする、かけがいのない宝である。高齢者を真に尊ぶ気風を確立することは、社会の持続的な繁栄の基礎となる。

池田大作の名言(88):幸福自分だけの幸福もなければ、他人だけの不幸もない。人を幸せにした分、自分も幸福になる。

池田大作の名言(89):古今の文学は、人間の心から心へ差し伸べられた橋である。どれだけ橋を渡るかで、自分の心の中身が決まっていく。

池田大作の名言(90):言葉への気遣い人間は、たったひと言の言葉で、悩むこともあれば、傷つくこともある。また安らぎも感じれば、勇気を奮い起こしもする。ゆえに、言葉が大事に成る。言葉への気遣いは、人間としての配慮の深さにほかならない。




池田大作の名言(91):現代文明の欠陥人類の絶滅さえも引き起こしかねない。現代文明の危機の最大の元凶は、人間の心に巣うくう分断のエネルギーである。

池田大作の名言(92):現代社会の不幸の元凶は、人間生命が尊厳なる存在であるという、本源的な考えが欠如していることだ。この思考を欠いては、人間の復権はありえない。

池田大作の名言(93):現代社会と教育教育は、時代の人間と文化を創る厳粛な事業である。したがって、政治権力によって左右されることない、確固たる自立性をもつべきである。その意味から、これまでの立法、司法、行政の三権に教育を加え、四権分立案を提唱しておきたい。

池田大作の名言(94):賢い食生活心豊かな食事と会話、そして賢い教養のある食生活こそが、健康な人生の源泉となり、健全な社会の土台となろう。

池田大作の名言(95):謙虚偉ぶってはいけない。偉く見せようとすることもいけない。また偉くさせてもいけない。謙虚であることが尊く強いのだ。

池田大作の名言(96):権力が暴走し、猛威を振るうときには、必ず思想や信教への介入が始まる。ゆえに、思想・信教の自由を守る戦いを忘れれば、時代は暗黒の闇のなかに引きずり込まれることを知らねばならない。これこそ、時代の法則であり、歴史の証明である。

池田大作の名言(97):建設は死闘破壊は一瞬建設は死闘。惰性は暗希望は明。後退は死前進は生。

池田大作の名言(98):芸術芸術と人格は、深く相通じている。偉大な芸術には、偉大な人格の輝きがある。また、偉大な人生は、それ自体が、偉大な芸術である。

池田大作の名言(99):芸術と人格は、深く相通じている。偉大な芸術には、偉大な人格の輝きがある。また、偉大な人生は、それ自体が、偉大な芸術である。

池田大作の名言(100):愚痴よりも行動、諦めよりも挑戦、臆病よりも勇気、その振る舞いに仏法がある。

池田大作の名言(101):苦難もっとも不幸を味わった人こそ、もっとも幸福になる権利がある。

池田大作の名言(102):苦しんでいる人々を、どう救うか。ここにこそ、人類をリードする一切の哲学や指導者論のエッセンスが凝縮している。

池田大作の名言(103):苦しみから逃げず、苦しみの真ん中を突っきって行くことだ。それが森を抜ける近道だからだ。寂しければ、その寂しさを大事にすることだ。寂しさや悲しさを、遊びなんかで、ごまかすな。使い捨てるな。耐えて、耐えて、自分を育てる「こやし」にしていけ。

池田大作の名言(104):教師の役割教育の原点は教師である。その人格こそが、教育という価値創造の根源である。ゆえに教師こそ、最大の教育環境となる。

池田大作の名言(105):教育は、時代の人間と文化を創る厳粛な事業である。したがって、政治権力によって左右されることない、確固たる自立性をもつべきである。その意味から、これまでの立法、司法、行政の三権に教育を加え、四権分立案を提唱しておきたい。




池田大作の名言(106):教育の使命教育には、人間を善にする力も、悪にする力もある。だからこそ、教育が大事である。

池田大作の名言(107):教育の原点は教師である。その人格こそが、教育という価値創造の根源である。ゆえに教師こそ、最大の教育環境となる。

池田大作の名言(108):希望すべてを失ったとしても、希望さえ残れば、そこからいっさいが再び始まる。希望はつねに出発であり、永遠の始まりである。

池田大作の名言(109):環境問題自然を破壊することはそのまま、人間自身を破壊することに通じていく。

池田大作の名言(110):幹部は、待っていては駄目だ。自分から飛び出すんだ。声をかけるんだ。どんどん会っていくんだ。

池田大作の名言(111):活字文化の復興こそ、現代の教育に精神と人格の深みをもたらしゆく、大切な要素である。

池田大作の名言(112):学問や学歴は、本来、立身出世のための道具ではない。人びとの幸福に寄与するためであり、むしろ、大学で学ぶのは、大学に行けなかった人たちに奉仕し、貢献するためである。

池田大作の名言(113):核兵器の廃絶へ核兵器の存在を抑止のための」必要悪」としてきた「国益」優先思考から、核兵器使用をいかなる理由があろうとも認めない。「絶対悪」の立場、「人間益」を優先させる思考への脱却を図らなければならない。

池田大作の名言(114):会合でうまく話せたからといって、自分のことを大したものだと思ったら、大間違いです。青年を育てる人が偉いのです。

池田大作の名言(115):科学万能主義の限界科学の急速な進歩に、人間の倫理性の進歩が追いついていない。ここに現代の悲劇の一つがある。

池田大作の名言(116):家庭教育の最大にして最重要の眼目は、心を育むことである。人の心がわかり、行動できる人こそが、本当に心の強い人間なのである。そのためにも、親の生き方を通して、子どもの心を鍛えていきたい。

池田大作の名言(117):何のため英知を磨くは何のため、君よ、それを忘るるな。

池田大作の名言(118):音楽歌には、人を前向きにする力がある。歓びの歌、旅立ちの歌、革命の歌、愛の歌―――。一曲の歌がもつ力の大きさは、時として計り知れない。

池田大作の名言(119):温かい「心」を持ったリーダーのもとでこそ、人は生き生きと張り合いを持って進むことができる。

池田大作の名言(120):恩と感謝恩を知り、恩に感謝し恩に報いようと生きるとき、人間は、自分自身を豊かに高めていくことができる。




池田大作の名言(121):宇宙は、人間の心を高らかに啓発する。そして宇宙は、私たちを詩人にし、哲学者にしてくれる。

池田大作の名言(122):宇宙との語らい宇宙は、人間の心を高らかに啓発する。そして宇宙は、私たちを詩人にし、哲学者にしてくれる。

池田大作の名言(123):一生涯を同じ志に生きる。絶対に信頼を裏切らない。青春の信念と信義を貫いた人は、それ自体、勝利の人生である。人間として勝った人である。誓いとは、人間だけができる。いわば人間の人間としての証だからだ。

池田大作の名言(124):一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命の転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする。

池田大作の名言(125):一つの出会いを大切にすることだ。一回でも出会った人とは、生涯、関わり続けていくんだよ。

池田大作の名言(126):偉大な人とは、平凡であることの偉大さを知った人のことである。だから、威張ったり、自分を偉く見せようなどとせず、ありのままに、誠実に生きることが大切である。むしろ、立派そうに見せるために苦労することは、その人の力のないことを人にすすんで示すようなものである。

池田大作の名言(127):リーダーと私心人材は、いる。さがせば見つかる。しかしリーダーに私心があれば、まじめな人材ほど苦しむことになる。反対に、リーダーが無私であればあるほど、その「無私の真空」に引き込まれるようにして、よき人材が集まり、衆知が集まり、民衆の信望が集まってくるものだ。

池田大作の名言(128):ユーモア人生にあって笑いがないということは、花がパッと開かないのと同じだ。いかに葛藤に満ちた社会であっても、ユーモアだけは忘れたくない。

池田大作の名言(129):まず自分社会の矛盾を嘆くだけでは何も変わらない。まず自分自身が強くなり、賢くなり、輝いていくことだ。それが、必ず社会を変革する力となる。

池田大作の名言(130):マスコミと言論言論は力である。しかし、それは善悪に通じる力である。正義を守る「盾」にも、悪を断ち切る「剣」にもなれば、人を傷つける「凶器」にもなる。ゆえに、言論人のモラルと責任は、人一倍、重い。

池田大作の名言(131):まじめな庶民が馬鹿を見ない社会。一番、苦しんできた人が、一番、幸福になる世界。それを築くための戦いだ。

池田大作の名言(132):テロと暴力あらゆるテロを絶対悪として断じて許さない。人間の生命を奪う「殺」の行為は、決して許してはならない。いかなる正当化もありえない。

池田大作の名言(133):すべてを失ったとしても、希望さえ残れば、そこからいっさいが再び始まる。希望はつねに出発であり、永遠の始まりである。

池田大作の名言(134):お世辞をつかう者に乗せられたり、意見をいう者を嫌ったりしたのでは、人材は発見できない。

池田大作の名言(135):いっさいの思想は地球上の生命を守り抜くためにこそあるべきだ。それを脅かす思想は、断じて受け入れるべきではない。




池田大作の名言(136):いかなる宗教であれ、排他や独善に陥らず、その包括性や受容性を維持していくには、良識ある知性の力こそが、必要なのである。

池田大作の名言(137):アジアのなかの日本日本はもっと、アジアに人々から信頼されるよう、真剣に誠実に努力していかねばならない。だからこそ、互いの文化の根底をなす思想や哲学に光を当て、共に理解し合い、学び合っていく対話が重要である。

池田大作の名言(138):あいさつあいさつは心のドアを開くノックである。さわやかで感じよい、あいさつの姿には、人間性の勝利がある。

池田大作の名言(139):「人は石垣、人は城」と言われるように、人材はどこの世界においても絶対必要であり、偉業をなす最も重要な要素である。

池田大作の名言(140):「まじめ」と「努力」に徹した人ほど強い者はない。どこまでも地道な歩みを貫いた人に、人生最終章の栄冠は輝く。

池田大作の名言(141):「だれかがやるだろう」という無責任な姿勢からは何も生まれない。「自分が広宣流布をするのだ」という強い一念を持つことだ。役職とか立場ではない。

池田大作の名言(142):「いじめ」を考えるいじめの問題に取り組む第一歩は、「いじめる側が百パーセント悪い」ことを明確にすることである。




池田大作の名言関連動画

【希望の譜】わが道をゆけ 池田大作 | 創価学会

池田大作の出演映画・ドラマ作品

↓↓↓詳細は以下から↓↓↓




池田大作の名言まとめ

日本を代表する宗教家であり、宗教団体の創価学会の創設者池田大作の名言はいかがでしたでしょうか。

創価学会は創価大学などの教育分野にも算出していますし、政界にもただならぬ力を持っています。
そんな多くの支持者がいる池田大作先生の言葉を聞いて、創価学会に入ろうと思った人もいるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA