徳川家康 名言30選「戦いでは強い者が勝つ。辛抱の強い者が」

徳川家康のプロフィール

プロフィール詳細
名前 徳川家康(とくがわ いえやす)
生年月日 1543年1月31日
出身地 トルコ
職業 武将、大名
一言まとめ 三英傑の一人として天下人になり、豊臣氏を滅ぼして260年間続く江戸幕府を開いた。

引用元:徳川家康プロフィールwikipedia

徳川家康の名言30選

徳川家康 名言(1):大将というものはな、家臣から敬われているようで、たえず落ち度を探されており、恐れられているようで侮られ、親しまれているようで疎んじられ、好かれているようで憎まれているものよ。

徳川家康 名言(2):愚かなことをいう者があっても、最後まで聴いてやらねばならない。そうしないと、聴くに値することを言う者が遠慮して言わなくなってしまう。

徳川家康 名言(3):愚かなことを言う者があっても、最後まで聴いてやらねばならない。でなければ、聴くに値することを言う者までもが、発言をしなくなる。

徳川家康 名言(4):多くを与えねば働かぬような家臣は役に立たない。また、人間は豊かになりすぎると結束が弱まり、我説を押し通すものが増えてくる。

徳川家康 名言(5):人間は、健康でありすぎたり、得意すぎたりする時にも警戒を要するのだが、疲れたおりの消極性もまた厳に戒めなければならない。

徳川家康 名言(6):多くを与えねば働かぬ家臣は役に立たぬ。また、人間は豊かになりすぎると、結束が弱まり、我説を押し通す者が増えてくる。

徳川家康 名言(7):家臣を率いる要点は惚れられることよ。これを別の言葉で心服とも言うが、大将は家臣から心服されねばならないのだ。

徳川家康 名言(8):一手の大将たる者が、味方の諸人の「ぼんのくぼ(首の後ろのくぼみ)」を見て、敵などに勝てるものではない。

徳川家康 名言(9):大事を成し遂げようとするには本筋以外のことはすべて荒立てず、なるべく穏便にすますようにせよ。

徳川家康 名言(10):人生に大切なことは、五文字で言えば「上を見るな」。七文字で言えば「身のほどを知れ」。

徳川家康 名言(11):いくら考えても、どうにもならぬときは、四つ辻へ立って、杖の倒れたほうへ歩む。

徳川家康 名言(12):決断は実のところそんなに難しいものではない。難しいのはその前の熟慮である。

徳川家康 名言(13):ほしいという欲が出てきたときには、貧しかった時を思い出しなさい。

徳川家康 名言(14):勝つことばかり知って負けることを知らなければ、弊害が自分に及ぶ。

徳川家康 名言(15):人の上に立つ者、下の忠告を聞かない者は、国を失い、家を滅ぼす。

徳川家康 名言(16):人間は、最も多くの人間を喜ばせたものが最も大きく栄えるのだ。

徳川家康 名言(17):主君を諌める者の志は、戦いで手柄を上げるよりも素晴らしい。

徳川家康 名言(18):天下は天下の人の天下にして、我一人の天下と思うべからず。

徳川家康 名言(19):いつも不自由していると考えれば、不足などないのだ。

徳川家康 名言(20):我がために悪しきことは、ひとのためにも悪しきぞ。

徳川家康 名言(21):我慢は平穏無事のもとである。怒りは敵と思え。

徳川家康 名言(22):世におそろしいのは、勇者ではなく、臆病者だ。

徳川家康 名言(23):足りないのは、しすぎることよりもいいのだ。

徳川家康 名言(24):多勢は勢ひをたのみ、少数は一つの心に働く。

徳川家康 名言(25):得意絶頂のときこそ隙ができることを知れ。

徳川家康 名言(26):敵だというのも自制心を忘れた怒りである。

徳川家康 名言(27):戦いでは強い者が勝つ。辛抱の強い者が。

徳川家康 名言(28):人は負けることを知りて、人より勝れり。

徳川家康 名言(29):及ばざるは過ぎたるより勝れり。

徳川家康 名言(30):何事にも注意深くあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です